銀行カードローンは手軽です

お金を借り入れようとした場合には、2つの選択肢があります。1つは銀行のカードローンから借り入れること、そしてもう1つは消費者金融のキャッシングから借り入れることです。
一般的には銀行は金利が安い分、審査基準が厳しく審査に通りにくく、消費者金融は金利は高いが審査基準が緩く審査に通りやすいといったイメージを持つ方が多くいます。
しかし、実はそうではないのです。銀行では保証会社として消費者金融を付けている場合がほとんどで、審査の基準に関しても、その保証会社の基準をそのまま利用している場合が多いのです。
これはお金を貸すことに関してはプロではないため、そのノウハウをお金を貸すプロである消費者金融に教えてもらおうとして行っていることです。
また消費者金融では年収の3分の1を超える金額を貸してはならないと法律で定められているのです。しかし、この法律は消費者金融のみの適応となります。
ですのでキャッシングを利用しようとして、年収の3分の1を超える金額を借り入れようとしても審査に通ることはありませんが、カードローンであれば、場合によっては審査に通ることができるかもしれません。
このように消費者金融のキャッシングの方が審査が緩い為、借り入れがしやすいといったイメージは間違っており、カードローンであっても、キャッシングとそれほど変わらない審査で借り入れることができます。
また、この年収の3分の1を超える金額を貸してはならないという法律の対象外であるため、収入のない主婦の方であっても少額であれば利用でいるサービスも行っています。

関連記事